黒にんにくでムラムラ?!滋養強壮、精力増強に効くってホント?

黒にんにくが滋養強壮、精力増強に効くってよく耳にしますが本当なんでしょうか。

今回は、黒にんにくの滋養強壮、精力増強効果について詳しく説明していきます。

黒にんにくに含まれる滋養強壮の有効成分

黒にんにくには精力や滋養強壮が得られる必須アミノ酸、ロイシンやバリン、イソロイシン、非必須アミノ酸、アルギニンやグリシンなど精力剤や滋養強壮剤に配合される有効成分が20種類以上も含有されています。

そしてこれらのアミノ酸のうち、ロイシン、バリン、イソロイシン、グリシンらは、筋肉を作ったり、からだの機能にかかわる生理活性物質を助けたりする機能がメインですが、「アルギニン」については、脂肪燃焼を促したり、血管を拡張して血液の流れを良くする、老化の進行を抑えるアンチエイジング効果のほかに、ダイレクトに精力増強につながる働きを期待することができるのです。

アルギニンパワーがさく裂

古代エジプト時代、古代ギリシャ時代から現在にいたるまで、「ニンニクで精がつく」と言われ続けていますが、その科学的根拠の1つとして精力剤でおなじみのアルギニンがニンニクにも含まれているということがあります。

そしてなんと、黒にんにくには、普通のにんにくに比べて、この「アルギニン」の量が3.5倍も含まれているのです。

アルギニンは精力や勃起機能の改善に効果の高いアミノ酸です。不妊の原因の50%近くは男性の精子の衰弱によるとされています。勃起不全の原因はさまざまですが、加齢・血管障害・喫煙・心理的ストレス・自信喪失などが関連しています。

アルギニンが体内での一酸化窒素(NO)の生成を助けて、血流を改善させることで、睾丸の働きを高め精子の量や運動性をあげる効果が期待されています。

当然精子の放出欲ともいえる、性欲の高まりも促進してくれるというわけです。

ダイレクトにセックスに影響するのではなく、体の血流改善や疲労回復による効果が結果として精力アップという形で表れるのです。

わたしの周りでも、黒にんにくのおかげで朝の股間の元気が蘇ってきたという方も、少なくありません。
疲労回復効果ももちろん期待できますが、効果が体感しやすいのはこの精力増強機能ですね。