黒にんにくって食べ過ぎるとどうなるの? 気になる副作用について

「あれにも効く、これにも効く」といかにも万能のように見える黒ニンニク。
効果が強い薬に副作用があったりするように、黒ニンニクにも副作用があったりするのでしょうか。

今回は、黒ニンニクの副作用について、紹介します。

普通のニンニクに副作用はあるの?

そもそも、普通のニンニクに副作用はあるのでしょうか。

普通の生にんにくは、生でそのまま食べると、下痢をすることがあります。

また、刺激が強く、胃腸もあれるので、生のまま食べることはオススメできません。

通常の生にんにくには、強力な殺菌力があります。

そのため、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を殺してしまってダメにしてしまう可能性があります。

そのあたりのメカニズムも、抗生物質の副作用に非常によく似ていますね。

そのため、生のにんにくを食べすぎると、「胃腸障害」が起こってしまうリスクがあります。

悪い菌を殺菌すると同時に、善玉菌も殺してしまう可能性があるのです。

黒ニンニクに副作用はありません!

結論から言ってしまうと、黒にんにくに副作用はまったくと言っていいほどありません。

黒にんにくは、薬ではなくて、にんにくを熟成させて食べやすくし健康の効果をパワーアップさせている健康食品です。

にんにくの殺菌力は「アリシン」という成分が関係していますが、黒にんにくの場合は、熟成の段階でアリシンが減少しているため、食べすぎたからといって胃腸障害は起こりません。

だから、副作用はありません。

美味しいからと言って食べ過ぎには注意しましょう

食べ過ぎてしまうと胃にもたれてしまう可能性があります。

甘くて美味しいのでついつい食べすぎてしまいがちですが、黒にんにくは一日少量でも十分に効果があります。

健康食品として毎日少量だけ食べる習慣をつけましょう。

食べすぎても消化されずに排出されてしまうだけですので、健康習慣のために食べる場合は、もったいないので美味しいからといって食べ過ぎは控えましょう。

大量に食べた場合は、多少の胸焼けなどを起こすことはあるかもしれませんが、これは、成分とは関係なく、単なる食べ過ぎによるものです。

薬との飲み合わせで注意すべきことは?

ニンニク自体には血流をよくする働きがあります。
通常の食事から取る程度の量なら心配ないとされていますが、あまりに多く食べ過ぎると、出血しやすくなるおそれもありますので注意が必要です。

特に、血栓予防のために抗凝固剤のワルファリン等を飲んでいる方は、ニンニクの過剰摂取は控えましょう。
大量に成分を摂取しやすいサプリでニンニク成分をとる場合は特にですね。